保健師の転職に年齢制限はあるのか?

※転職サイトランキングを見る!

保健師の求人募集では、採用条件に年齢が明記されていない場合が多いのですが、行政保健師として公務員の身分で働く場合でも、産業保健師として正社員で働く場合でも定年がありますから、年齢が高い人ほど転職に不利になるといえるでしょう。しかし転職の場合は、30代ならまず大丈夫です。即戦力となる人材を求めている職場では、40代のベテランでも採用されます。一般的に行政保健師は経験がなくても採用する傾向が強く、30代前半までの募集が多いといわれています。一方で国家公務員や県などで働く場合は、新卒を優先しますから、転職の場合でも20代が有利です。しかし、地方自治体の中には40代でも採用するというところもあります。

産業保健師は企業で働くわけですから、即戦力となる人材が求められます。このため40代での募集も少なくありません。地域包括支援センターも人手不足の事業所が多いので、年齢制限は比較的緩やかです。40代だからとあきらめずに、求人を探しましょう。しかし子育てなどでブランクが長いなどの理由で40代でも現場経験が少ない人は、企業が即戦力とみなさない場合もあり、再就職ではやや不利となるでしょう。

年齢が高いと採用が厳しいとはいえ、地方自治体の行政保健師の求人広告でも、年齢制限を明記していないところがほとんどです。自分の希望条件に合う求人があれば、年齢を気にせずに応募されることをおすすめします。もし不安なら、事前に年齢制限があるかどうかを聞いてみてはいかがでしょうか。

行政保健師は身分が安定している上に、勤務時間も決まっており、働きやすいシステムが確保されています。このため保健師求人では最も人気が高く、応募が殺到します。また産業保健師でも、大手企業の求人は福利厚生が充実していますから人気です。このため、一般の求人広告は出さず、非公開で求人をするところが少なくありません。

そこで転職エージェントを利用すれば、行政保健師の求人はもちろんのこと、大手企業の求人など、豊富な求人情報が利用できます。行政保健師として働きたい、少しでも待遇の良い企業で産業保健師として働きたい、年齢が心配だなど、何でも気軽に相談すると、担当のコンサルタントが希望の求人や、年齢条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。一般広告では探せない好条件の求人案件を活用することが、転職を成功させるカギとなります。40代で経験が少ないという方は、特に再就職に不安を感じているのではないでしょうか。転職エージェントのコンサルタントなら、転職活動をサポートしてくれますから、履歴書の書き方から面接対策までアドバイスしてくれます。

条件に合う保健師求人を探すならエージェント利用がオススメ!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!