保健師転職をして年収アップを目指そう!

※転職サイトランキングを見る!

保健師は保健センターや保健所に勤務する公務員の行政保健師、一般企業に所属して働く産業保健師、学校で保健活動を実施する学校保健師の3つに大きく分けることができます。平均的な保健師の年収は400万〜500万円程と言われていますが、勤務する職場によって違いますし、経験年数や年齢などによっても大きく変わってきます。公的機関で働く場合は安定していて平均年収は500万〜600万円程度のようですが、公務員以外で働く場合は年収に大きな差が現れてくる可能性があります。このことから考えると保健師転職をして年収アップを目指そうとするのなら、産業保健師として働くことが確実と考えられます。

産業保健師の場合は職場によりますが、30歳〜35歳で年収500万〜600万円程度で、さらに年齢と経験を重ねることによって年収700円以上になることもあります。その為か年収アップが期待できると保健師の中でも人気が高まっています。しかし、全ての産業保健師が高給を望めるわけではなくて、中には年収が低いケースもあります。それは、保健師と言っても産業保健師は民間の企業に勤務しているために一般社員と同様の扱いになってしまいます。その為に、どうしても企業の業績や経済動向などの影響により給与や待遇が決まってしまうという現状があるのです。そのような背景を考えると、保健師転職をして年収アップを目指そうとするのなら、給与が高い業界や東証一部上場などの大手企業の産業保健師として勤務する必要があると言えます。

ただハローワークなどの求人を検索しても分かるように、自分の地域に産業保健師の求人はごく僅かで見たことがないという人もいるくらい少ない状況です。また企業としても何人もの保健師を必要とするわけではないので定期採用をしませんし、欠員補充する時ぐらいしか求人は出てきません。さらに年収アップを目指そうと条件のよう企業を探すとなれば、求人に出会える確率は低くなってしまいます。

それから募集する企業としても求人を一般公開することで1名の採用枠に多くの応募者があると対応が大変になってしまいます。そのような事態にならないために、企業としては一般公開をしないで非公開情報として転職エージェントに依頼するケースが多いです。このような背景があることから、産業保健師の求人は一般の情報として目にすることが少なくて、ごく僅かな状況になってしまっているのです。保健師転職をして年収アップを目指そうと考えているのなら、この点を理解して対策を検討する必要があります。

保健師の転職ならエージェントの利用がオススメ!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!