地方公務員の保健師について

※転職サイトランキングを見る!

保健師には様々な働き方があります。企業等で健康管理などの業務に当たる産業保健師や、学校等で生徒や教職員などの健康管理や予防活動などを行う学校保健師、そして地域の自治体等で働く行政保健師などがある。

地域で働く行政保健師は地方公務員になります。その為、行政保健師になるためには公務員採用試験に合格しなければなりません。大まかな流れとしては、1次試験、2次試験とあり、一次試験では教養試験と呼ばれる筆記試験、2次試験で面接や身体検査という流れになるようです。

地方公務員試験で良く話題になるその倍率ですが、これはやはりその地域よって違いはあるようです。ただ都会における一般的な就職と比べればそう厳しい状況ではありません。保健師と言う仕事がまず国家試験に合格しなければいけませんし、保健師や看護師は慢性的な不足に陥っている背景もあるからです。公務員試験と言っても保健師の分野からの出題になりますので、筆記試験に関してはきちんと勉強してれば問題ないレベルだと言えます。

行政保健師は人気だと言われていますが、やはり地方公務員としての待遇面での人気が大きいようです。やはり一般的に公務員は安定しているイメージがあります。きちんと賞与等も出ますし、休みにかんしても一般企業より多いと言えます。特に保健師の中でも医療現場に近い所で働いていると当然休みの少なさや勤務時間の長さ等、その労働条件は決して良いとは言えない現場が多いのも事実です。そういった理由からも保健師の資格を取得した人の中で行政保健師は人気の高い職種になっているのです。

また地方公務員を志望する理由として、地元でしっかりと地に足付けてその地域の人と関わる仕事がしたい、という志望理由も多いようです。都会に出て大きな仕事がしたい、より多くの人と関わりたいと思う人もいる一方で、大きな組織では自分に任される役割は非常に小さな事である事も多く、理想と現実のギャップに悩むケースもあります。地方行員としてより地域に密着し深く関わる事が魅力に感じる人も多く、地方公務員としてお給料や休日などのしっかりとした待遇面の中、保健師としての仕事をしたいと思う人が目指すケースが多いです。

地方公務員として行政保健師として働く事を希望している方はまずその求人情報をチェックする事が大事です。行政の募集等は民間と違い一年を通して募集が出てるわけではありません。公務員試験のある時期に合わせての募集となりますので、地域の情報をこまめにチェックする必要があります。このような募集・求人を探すのに転職サイトに登録するのも良い方法かもしれません。これらの転職サイトでは多くの情報が手に入ります。現役の保健師や保健師を目指す学生等はやはり忙しく時間が無い場合が多いですから、このような転職エージェントを賢く利用して見るのもおすすめだと言えます。

保健師の転職ならエージェントの利用がオススメ!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!