男性保健師について

※転職サイトランキングを見る!

保健師や看護師と聞くと多くの人が女性の職業というイメージを持っていると思います。元々、看護婦保健婦と呼ばれていたこの職業は女性が就業する職業でした。1994年に男性の保健師が誕生しその数は少しずつ増えてきていますが、その割合は女性と比べるとまだまだ少ないのが現状です。そんな男性看護師ですが、男性だからこそ保健師として活かせる事もあり需要は低いとは言えません。

法律の改正によりそれまで保健婦・保健士と呼ばれてた名称が保健師と名称が変更されました。それにより少しずつではりますが男性の保健師も増えてきています。その仕事内容から男性だからこそ活躍できる場もあり、女性の職業と言うイメージから少しずつ変わってきているのが現状です。

ですが現状やはり保健師は圧倒的に女性が多い為、職場によっては男性が馴染むのは時間がかかるケースも少ないのも事実ではあります。保健師と言っても働き方は様々で。行政保健師や産業保健師や学校保健師とあり、どの保健師になるかによっても変わってきます。男性ですと向き不向きがあるのも事実なのです。学校保健師や行政保健師ですとその対象者のほとんどが女性となるケースが多いので、色々デリケートで難しい問題も出てくるかと思われます。

とは言え反対に男性であるからこそ活躍出来る事もあるのも確かです。男性であることから頼りにされる事もありますし、産業保健師として企業に勤務する場合、企業によっては男性ばかりの職場と言うのも多いと思います。そのような職場において男性特有な悩みに相談にのれるのも男性保健師だからこそとも言えます。男性保健師が増える事によってそのメリットも少しずつ必要とされて始めてきていると言えると思います。

性別を理由とした採用の差は法律で禁止されているとは言え、男性保健師の就職や転職にに関しては決して楽なものではありません。経験者の声を聞くとやはりまだまだ女性の保健師の需要の方が高い傾向にあります。これは保健師が行う職務にも関係する事が理由とと言えるかもしれません。行政看護師では母子保健や新生児訪問などがありますが、これらの職務はやはり男性では難しいかもしれませんし、受ける側も女性の保健師を望む事が多いのも事実です。

男性保健師の求職活動では転職エージェントに登録してより多くの情報を得る事が大切だと思います。転職エージェントのコンサルタントは経験豊富な人が多いので男性保健師の求人関しても多くの情報を持っています。これらの情報を沢山得る事が転職活動の重要なポイントだと言えます。無料で登録出来ますので興味があれば登録して見るみてはいかがでしょうか。

保健師への転職をお考えならまずは転職エージェントに相談を!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!