保健師と衛生管理者について

※転職サイトランキングを見る!

衛生管理者とは労働安全衛生法にて定められている国家試験になります。多くの従業員を抱える労働現場では衛生管理者を置く事が義務付けられています。そのような場で衛生管理を専門に行うのが衛星管理者と言う事になります。

衛生管理者の主な職務は労働衛生と労働衛生管理とに分けられます。具体的には労働環境の衛生的改善、そして疾病等の予防、その事業所における衛生管理をする事です。一定規模の事業所においては衛生管理者免許を持つものの選任が義務付けられています。

労働安全衛生法においては常時50人以上の労働者を使用する事業所においては最低1人以上の衛生管理者を置く事を義務付けられています。原則その事業所専属となり、1001人以上の現場においては複数の衛生管理者を置き、その内の1人は衛生管理者の業務に選任しなければいけません。

衛生管理者の免許は3種類あります。衛生工学衛生管理者免許、第一種衛生管理者免許、第二種衛生管理者免許、とあり、衛生工学衛生管理者免許に関しては大学や専門学校で工学や理学に関する課程を修了し厚生労働大臣の定める講習を受け、修了試験に合格する事で取得できます。

第一種と第二種の衛生管理者免許に関しては、厚生労働大臣の定める所定の免許試験に合格する事で取得する事が出来ますが、保健師や薬剤師等は第一種衛生管理者免許は無試験でその免許を取得する事が出来ます。とは言え保健師の免許を取得すると自動的に衛生管理者の免許が与えられるわけではなく、各都道府県に衛生管理者免許の申請をする事で取得する事が出来るのです。

保健師は地域や病院、学校等に勤務し保健管理などを行うことになりますが、衛星管理者は企業に勤めその事業所の衛生指導、改善、健康管理を行う事が仕事となります。保健師の資格が必要な事から衛生管理者の評価は高く、多くの企業において需要は高いと言えます。大きな企業大きな事業所であれば衛生管理者を置く事が義務付けられていますので、今後衛生管理者の需要はますます高まると言えると思います。

労働安全衛生法でも定められた国家資格でもある衛生管理者の資格は転職の際にも非常に有利な資格だと言えます。衛生管理者の資格を取得し、その資格を活かした会社に転職を目指すのなら転職エージェントに登録するのがおすすめです。資格を活かした専門性の高い職種の求人は一般的な求人ではあまり多く見かけません。転職サイトなどではそのような専門的な求人も多く扱っていますし、コンサルタントに相談する事でより良い条件の求人を見つける事もできるかもしれません。

保健師の求人をお探しならこの転職エージェント!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!