保健師の転職体験談

※転職サイトランキングを見る!

勤務条件など様々な理由から看護師の仕事が自分に合わないと感じて、保健師に転職したいと考える方や転職した方がいます。保健師になるためには保健師国家試験を受験する必要があり、看護師の国家資格を取得していることと、6ヶ月以上の保健師養成課程を修了していることが条件になります。このことからも分かるように看護師の資格を取得していれば保健師の資格取得も可能ですし、転職も可能になります。ただし、6ヶ月以上の保健師養成課程を修了と言う条件を満たすために学校に通うことや費用面で大変になります。看護師から保健師に転職を考えているのなら、転職して先輩たちの体験談を参考にしてみるのも良いです。

ちなみに保健師には、保健所や市町村などの保健センターで働く行政保健師と企業に勤務する産業保健師などがあります。看護師から産業保健師になった方の場合ですが、土日祝休みで残業もほとんどなく夜勤もないことで体力的に楽になったと言っています。ただ、病院では周りに看護師仲間がいたので良かったのですが、産業保健師は一人だけなので相談したくてもできないことが大変と言っています。このように勤務時間は楽になるけれども、考えている以上に大変なこともあるようです。

看護師から行政保健師になった方の場合ですが、2年間かけて保健師と地方公務員の試験に合格して保健センターに勤務が決まったそうです。体力的にも楽になったし、公務員と言う安定した立場になれたことが嬉しいと言っています。このように時間はかかるけれども2つの資格を取得したことで、本当にラッキーと感じられたようです。

それから保健師の転職で多くの方が体験していることは、保健師の求人情報が少なくて狭き門になっているという点です。その為に保健師の転職体験談には、転職先探しに苦労した訪う声も多いのです。しかし、実際には保健師の募集はそれ程少ないわけではないのです。ただ保健師の仕事は1回に募集する人数が少ないために、一般公開してしまうと1人の求人数に対して多くの応募があり業務に支障をきたしてしまう可能性が考えられます。その為に求人をする側としても非公開にして対象者を絞り込んでしまうことが多いために、保健師の求人情報が少ないと感じられてしまうのです。

そのような状況でも保健師の転職に成功した先輩方の体験談を聞くと、転職エージェントに登録して転職活動をしたようです。転職エージェントは豊富な非公開求人情報を取り扱っているので、転職先を探しやすかったという声があります。このように保健師の転職を成功させた体験談を参考にすることも、転職を成功させるために役立つことがあります。

保健師の転職ならエージェントの利用がオススメ!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!