保健師の平均年収

※転職サイトランキングを見る!

保健師が行う業務は、資格保有者しかできない独占業務も多いため、比較的年収が高いという特徴があります。とはいえ、保健師と一括りに言っても、学校で働く保健師もいれば行政保健師もいますし、産業保健師として企業に勤める人もいます。それぞれの職場によって給料基準が異なりますので、職場ごとの平均年収を見ていく必要があります。

一番平均年収が高いのは、やはり産業保健師として大企業で働くケースでしょう。平均的な年収は500万円後半となっています。しかし、大企業で実務経験を重ねて、相当のスキルと実績を持っている人であれば、700万円から800万円ほどの年収が提示されていることもあり、場合によっては高収入を狙える職種となります。それで、他の職場よりも圧倒的に人気が高く、大企業からの求人は競争が激しくなる傾向が見られます。

保健師としての勤務先として一番多いのが行政保健師です。保健センターなどに勤務して健康診断を行ったり、生活習慣病の予防業務を行ったりします。公務員という形での勤務となりますので、それぞれの自治体で定める給体系が適用されることになります。平均年収としては、450万円から550万円というところでしょう。公務員として働きますので、勤続年数を重ねれば順調に昇給がなされ、高収入を期待することができるようになります。勤め始めはそれほど高い収入ではありませんが、生涯年収で考えると相当高い給料水準となります。一つの職場に腰を落ち着けて長く働きたいと考えているのであれば、理想的な職場と言えるでしょう。

もう一つの保健師の職場としてメジャーなのが、学校です。大学や私立の高校や中学校、小学校などで働くことになります。この場合も、勤め先によって給料水準は異なりますが、平均的な年収としては400万円から500万円ほどとなっています。他の職場に比べると少し低めの水準となっていますが、やりがいがあり楽しい職場であるということから、安定した人気を集めている職場です。

このように、保健師と一口に言っても、勤める職場のタイプによって平均年収の差が出てきます。一番高いのは企業に勤める産業保健師ですが、求人の数が少ない上に、競争が激しくなる傾向が強くなります。いろいろな求人を比較して、自分のスキルと経験に見合った勤め先を探すようにしましょう。また、複数の候補を持つようにして、確実に保健師として働けるように転職活動をすることが肝心です。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!