非常勤の保健師募集情報について

※転職サイトランキングを見る!

非常勤の勤務と言うのはは正社員と違い、例えば月間の勤務日数が少なかったり、1日あたりの勤務時間が短かったりします。例えば月に15日の勤務であったり、朝8時から午後3時までの勤務だったりと、その勤務先によって条件は様々です。その分お給料面でも正社員よりも劣ったりしますが、正社員での募集が少ないのも現状ですし、希望する勤務先が正社員募集をしていない場合、まずは非常勤で入ってそこから正社員を目指すと言った、ステップアップして行く方法も考える事が出来ます。

保健師と言う仕事はまだまだ女性の割合が圧倒的に多い職種です。ですので、産休や育休とった何ヶ月かの期間を休暇を取るケースも多い職種と言えます。そのような場合、期間限定的にその役割を担ってくれるのが雇用側における非常勤のメリットです。正社員ほどの勤務日数は必要な無い、ただ月の半分ぐらいは必要な場合が多い、期間限定的に人手が必要、このような場合であれば企業側は正社員として雇用する為の募集ではなく、非常勤の保健師としての募集をかけることになります。

非常勤の求人募集はその数自体は少なく探すのも難しい場合もあります。やはり基本的には正社員での雇用を希望する人が多いので、非常勤のその求人数も少ないのも現状です。

地方の自治体や保健センターなどで働く行政保健師の場合は、その求人は一般的に見る求人誌などには募集を出さないケースがほとんどのようです。各市町村は独自で募集を掛ける事が多く、このような求人は一般的に目にする事が少ないです。このような求人情報は各市町村のホームページなどに掲載されていたり、市役所などの行政期間などで告知されている事が多いのです。このような求人は常時募集されているわけではありませんので、見つける為には、こまめに求人情報をやはり多くの情報を見つける意識が大事だと言えます。

非常勤勤務の求人の場合、その条件面が非常に重要です。元々が日数や勤務時間が少ない事も少なくないので、その分お給料がどれくらいなのかをしっかり把握しておかねければなりません。いくら保健師として働きたいからと言って生活をしていくだけの収入を得る事が出来なければ元も子もありません。行政が募集する保健師の場合ですと、社会保険なども完備していて、契約更新も出来るシステムもあるところも結構あります。各求人の募集条件をしっかりと比較し、よりよい条件の求人を見つける事が大事です。転職エージェントは保健師の求人も多く、コンサルタントに相談も出来ますので初めての転職活動で思うような求人が見つからずに不安を感じているのなら、無料で登録出来ますので利用して見る事をおすすめします。

非常勤の保健師募集をお探しなら転職サイトが便利!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!