保健師の保健指導について

※転職サイトランキングを見る!

保健師とは所定の専門教育を受け国家試験を合格する事で得る事が出来る資格で、厚生労働大臣の免許を受け保健師の名称を用いて保健指導する者と定義されています。地区活動や保健指導を通して疾病の予防、健康促進などを行う地域看護の専門家と言う事になります。

保健師は、都道府県や市町村などの保健所や保健センターなどで働いている行政保健師、企業においてその労働者の健康管理や予防活動をする産業保健師、学校等でその学校の生徒や教員に対して怪我や病気の応急処置や予防活動を企画実施する学校保健師、大きく分けるとこの3つに分けられる。そしてその活動の共通点はどれも病気を予防するための健康指導の重要性にある。

平成20年から、医療保険者が特定健康診断の結果で健康の保持に努める必要があると判断された場合は保健指導を受ける事になりました。毎年計画的に実施される動機的支援、積極的支援の事を特定保健指導と呼びます。

保健指導の目的は対象者自身が自らの健康状態を把握し、改善するために何が必要かを考え、自ら実践出来るように指導して行くことです。近年生活習慣病は非常に多くの人に見られ、その予備軍と呼ばれる人達を生活習慣病に移行させないようにする事も重要です。保健指導は、医師と保健師、管理栄養士などが中心となって行っていきます。特に生活習慣病などでは食生活の改善が重要な要素になる為、管理栄養士の存在が必要になります。

保健指導は対象者の病気を予防したり進行を防ぐための重要な仕事になります。保健師を目指す人に中にはこのような仕事を目指し、その資格を取得する人も少ないかと思います。ですが保健師の場合、産業保健師、行政保健師、学校保健師と分かれるように、どこで勤務するかによってその仕事の内容も多少なりとも変わって来る場合が多いです。保健師に限らず、その組織に入ってみて初めてわかる事は多いですから、最初自分が思い描いていた仕事ではない事もあるかと思います。専門の教育を受け、難しい国家試験を突破して得た資格ですから、その資格を十分発揮し、自分の本当にやりたい仕事に就きたいと考えるのは当然だと思います。保健師の資格を持ちながら今の職場に迷いがある場合、転職を考えて見るのも1つの選択肢だと思います。転職エージェントは専門のコンサルタントがいますので、転職に関する相談をする事も出来ます。知識や経験豊富な専門家にアドバイスを受けてやりがいのある職場を見つける事が保健師の資格を活かす事に繋がると思います。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!