保健師へのなり方について

※転職サイトランキングを見る!

保健師の資格は国家資格です。保健師になるには国家試験を受験し、合格しなければいけません。その国家試験を受けるためにはまず受験資格が満たす事が必要となります。保健師になる為には、一般的にいくつかのパターンがあります。看護系の学校で看護師になる為の勉強をして看護師免許を取得してから保健師国家試験を受験する方法と、保険系統の学校にて学び保健師国家試験を受験する方法です。

1つ目は、まず高校の看護科で3年間勉強し、その後看護専門学校で2年間勉強します。そしてさらに保健師学校で1年間の勉強をする方法です。このパターンでは合計で6年間掛かる事になります。

そして2つ目は、看護専門学校もしくは看護短大で3年間勉強します。そしてその後保健師学校で勉強します。合計で4年掛かります。看護大学のみで勉強する方法もあり、これも同じく4年間かかります。

やはり多いのは看護大学や医学部看護学科などの4年制大学にて学ぶ方法です。4年制大学にて学ぶメリットは、卒業する事で看護師や助産師の受験資格を得られる事です。看護師として一度働いてから保健師を目指す人もいますので、看護師の受験資格を得らる事は魅力のようです。

保健師になる為の国家試験の受験資格は、まず1つ目に看護師国家試験に合格している事。そして2つ目は、文部科学大臣指定校にて保健師になる為の必要な学科を6ヶ月以上修めている、もしくは厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業している、のいずれかを満たす事。外国の保健師学校を卒業、または保健師免許を取得したもので厚生労働大臣が先程の1、2番目のケースと同等の知識・技能を有すると認めた者。

以上が保健師を目指す為の一般的な方法になります。保健師国家試験の合格率はかなり高い数値にあります。簡単だと言う事ではありませんが、しっかりと学んでいれば問題ないと言える数値でもあります。保健師になったら就職先に関してはいくつかの選択肢があります。保健センターなどの公的機関で勤めるケースや、一般企業などの産業保健師として働く方法もあります。就職先としては求人が多い事で知られる看護師として働く事も出来ます。看護師不足は今や深刻な問題となっている為、求人は多くあります。

いずれにしても保健師として働く方法は多岐に渡ります。あらゆる可能性を探すためにも大切なのは多くの情報を得る事です。自分に合った働き方が出来るよう、多くの情報を知る事で、こんな働き方が出来るんだ、と言う事とめぐり合う事が出来るのです。まずは色々と情報を集め、そのような職場で働く事がいいのかもしれません。転職エージェントではそのような情報が沢山ありますし、コンサルタントに相談も出来ますので、有効に利用して見るのも良いのかもしれません。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!