パートタイムの保健師募集情報について

※転職サイトランキングを見る!

保健師には様々な働き方があり、就業場所や雇用形態なども同じ保健師でもひとそれぞれ違うケースは少なくありません。パートタイムとして活躍されている保健師の人も多くいます。何らかの理由により一日中働く事が出来ない場合、パートタイムとしての勤務を希望する保健師も多くいます。例えば小さな子供がいて遅い時間までは働く事が出来ない、家族の介護等で長時間の勤務は難しい、このような状況である場合パートタイムの保健師として働くのも1つの方法だと思います。

パートタイムの保健師の募集は多くあります。雇用側も時間を限定して雇用できるメリットがある為、その存在は重要だと考えられています。保健師の多くは女性である為、結婚後や出産後は今まで通りの条件で働く事は難しい、そう考える人も多いです。だからといってその資格や長年の経験を活かさないのはもったいないですよね。パートタイムの保健師として日数や勤務時間を調整する事で保健師として活躍する事は十分に可能なのです。

パートタイムの保健師の場合、その仕事内容ももある意味限定される事があります。限られた時間の中であれもこれも多くの職務をこなす事は不可能ですので、パートタイムの職員には1つの事の専属で任せる傾向にあります。例えば保健センター勤務の行政保健師などの場合、何時から何時までといった時間制で一般の保健相談や保健指導を行ったり、1日何件かの訪問業務を行ったりと、有効的に業務を行う役割を担う事が多いのです。

保健師に限らずどの職種においても言えますが、パートタイムの雇用形態の場合、その賃金は時給計算となります。保健師は他の職業に比べ資格取得のメリットがありますから時給はそう低くは無い職種ではあります。ですがやはり雇用先によっても差があるのはどこも同じです。パートタイムは勤務時間が普通より短いわけですから、その時給の差は非常に大きな差を産む事になります。少しでも時給の良い求人を探し、時間を有効に使えるパートタイムの保健師として活躍したいところです。

パートタイムの時給や条件面ですが、そこはやはり保健師としての経験やスキルによって変わっても来ます。しっかりと面接時にアピールし交渉してい事も大事なのですが、上手く交渉できる人も中々いないと思います。そんな場合は転職エージェントに登録するのもいいかと思います。保健師看護師専門の転職エージェントは登録すると専任のコンサルタントが相談やアドバイスしてくれますし、希望を伝える事で求人紹介をしてくれたり、求人先との交渉も行ってくれたりもします。就職活動の苦手な方はこのようなサービスを利用して見るのが上手くいくポイントだと思います。

パートの保健師募集をお探しなら転職サイトで探そう!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!