保健師転職時の履歴書の書き方について

※転職サイトランキングを見る!

保健師の転職において面接も重要ですがやはり履歴書は非常に重要です。と言うのも、まず履歴書による書類選考が考えられるからです。多くの場合、面接の前にまず履歴書を送付し、採用側の方で書類選考をするケースも多いのです。書類選考を通過しなければ面接にすら辿り着けないのは、保健師に限らずどの職種においても言える事なのです。

履歴書とはどういうものかをまずしっかりと考える必要があります。ただの経歴書としか考えていなようであれば、その考えを改める必要があります。採用担当は履歴書でその人がどういう人なのかを判断します。履歴書がしっかりと書けていれば、しっかりした印象を採用担当に与える事が出来ますし、反対にいい加減な履歴書ですといい加減な人間だと言うイメージを与えてしまう事になり兼ねません。それぐらい履歴書言うのは重要なのです。

ではどこにポイント置いて履歴書を書けばいいのかと言うと、まずはしっかりと今までの経歴、自分が何をやって来たのか、どういう事が出来るのかを伝える事です。最近では職務経歴書を求めてくるケースも多いですが、自分の経歴をしっかりと伝える事です。どんな部署でどれぐらいその仕事に従事してきたのか、そしてそれよって自分はどんな経験を得てどんなスキルを身につけてきたのかをしっかりとアピールする事です。保健師の場合は、企業や自治体、学校等転職先は色々考えられますが、多くの場合やはり経験を求める事が多いです。それらの経験をしっかりと伝える事で採用する価値があるかどうかの判断材料を与えること出来ます。転職活動が上手くいかないと悩んでいる人の中には、ここが上手く伝えられていない場合も少なくありません。自分はどんな仕事をしてきて、どんなスキルがあるのか、しっかりと伝える事がポイントです。

そしてもう1つ重要なポイント、それは志望動機です。一般的な職種の転職においては、給料や待遇の不満や人年関係の不満など、どちらかというと今いる職場への不満から転職するケースがほとんどです。これはもしかしたら保健師の転職においても同じ事が言えるかもしれません。ですが保健師や看護師において、その職務の責任の大きさや医療に携わるハードの現場であることから、志望動機はやはり非常に重要です。条件面での改善を求めての転職はある意味当然ですが、それ以上にやはりスキルアップや、やりがいの重視を志望動機にする事が保健師の転職活動において成功させる秘訣だと言えます。

とは言え転職と言う物は何度も経験するものではないので、初めての方も多くどうすればいいのかわからないと悩む人が多いのも事実です。そんな方は、保健師や看護師専門の転職エージェントに登録しコンサルタントに履歴書の書き方や添削をして貰うのがおすすめです。無料で登録出来ますし、経験豊富なコンサルタントがアドバイスしてくれます。1人で悩んでいる時間はもったいないですし、上手く利用する事で転職活動を成功させて下さい。

保健師転職エージェントでは転職したい方を徹底サポート!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!