離島の保健師採用情報をお探しなら!

※転職サイトランキングを見る!

保健師の仕事は、地域住民の健康を守り、病気にならないように予防するという大きな使命を持っています。その点で、離島で保健師として働くという選択肢は、より市民との距離を縮め、直接的な形で人々のためになれますので、やりがいを強く感じられるでしょう。離島における保健師の仕事のほとんどは、行政保健師としての業務になります。離島を管轄する自治体から派遣されて、住民の健康チェックを行ったり、予防接種や病気予防のためのアドバイスを与えたりします。こうした仕事は、都市部でも離島でも基本的には変わりませんが、やはり離島では住民と触れ合う機会が多くなりますので、より住民のために役立っているという実感を味わえます。

離島の保健師採用に関する求人は、離島が属する自治体から提供されます。それで、もし狙っている離島があれば、その自治体からの情報を逐一チェックするようにしましょう。公務員という形での雇用になりますので、離島であっても収入などの雇用条件はそれほど低い水準とはなりません。もちろん、都市部の求人と比べると年収は低くなる傾向が強いですが、それ以上に大きなやりがいを感じながら働けるのが魅力となるでしょう。

離島における保健師の仕事は、診療所や病院に在籍して業務を行うことが多くなります。といっても、離島の診療所の規模はとても小さいので、医師と二人というケースも多く見られます。そして、看護師としての仕事と保健師としての業務を兼任するケースがほとんどです。それで、医師と協力して島の住民の医療一般を担うということになります。求められる知識やスキルの幅がとても広くなりますし、実際に対応する仕事の中身も多岐にわたります。こうした経験を通じて、一人の医療と保健に関わるエキスパートとしてのスキルを十分に伸ばしていくことができるでしょう。

多くの場合、離島での業務は都市部の病院や役所のように、細かい就業時間の設定や休日の決まりなどが適用されていません。必要に応じて業務を行うという融通の利いた業務スケジュールが多くなります。ゆったりとしたペースで働くことができますので、人生を楽しみながら自分のスキルを他の人のために用いることができますので、幸せな時間を過ごせるでしょう。全体的にはそれほど多くの求人を見つけることはできませんが、とても魅力のある採用情報ですので要チェックです。意外と人気が高い離島の求人もありますので、チャンスを逃さないようにしましょう。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!