保健師の留学について

※転職サイトランキングを見る!

保健師や看護師の海外留学は年々増えているそうです。世界がグローバル化を進める中、看護や保健、医療の現場でのグローバル化が進むのは日本にとっても良い事だと思います。留学する事によって海外の高度な技術や知識を学ぶ事が出来るは、スキルアップやキャリアアップを目指す保健師にとって非常に魅力的でもあります。

保健師の仕事は健康予防、病気にならないように指導する事にありますが、そういう意味で海外留学する際にはその国によっては大きな力を発揮できる可能性はあります。日本でも生活習慣病は深刻な問題であり改善していかなければいけない問題ではありますが、海外に目を向けるともっと深刻な国は沢山あります。欧米などでは肉類中心の食生活が多く、結果的に肥満の割合が非常に高い国は多く見られます。そのような国において、肥満を改善するための計画を練って指導して行く事は保健師にとって非常にやりがいのある仕事であると言えます。

反対に食糧不足が深刻な問題となっている地域もあります。このような国では医療機関さえ満足に無い事も少なくありません。このような環境の中でも保健師として状況の改善に取り組む事は、非常に大きな力を発揮できる場でもあると言えます。日本ではこのような状況は考えられない為、その体験は非常に貴重で今後の考え方や保健師としてのありかたに、大きな財産となる事は間違いありません。

保健師として海外へ留学し、また今のスキルを活かし働く事は非常に素晴らしい経験になると思います。保健師として海外で働く場合は主に発展途上国が多くなるかと思われます。医療や看護の足りていない国は世界的に見てもまだまだ多いのが現状と言えます。そのような国において、日本で得た技術や知識は大変役に立つと思います。

看護師や保健師の人気の留学先はアメリカ、カナダ、オーストラリアです。アメリカはやはり医療技術も最先端ですし、看護師や保健師のキャリアップシステムが確立されている国でもあります。働きやすのが人気の理由ですし、そのシステムを学びたいと希望する方も多いようです。カナダは福祉制度が充実していて、オーストラリアも同様に人気となっています。

保健師に限らず近年の世界各国のグローバル化でより技術や知識の交流が深まるのは素晴らしいことだと思います。保健師としても多くの事を学び、それを実践して行く事で日本の保健指導においてもより良い物へと高めて行くことが出来ると思います。海外への留学を考えている保健師の人は、一度専門のコンサルタントに相談してみるのが良いかと思われます。まだまだその例は多く無く、やはり専門家でないと情報や知識が無いのが現状です。無料で登録出来る転職エージェントには専門のコンサルタントがおり、相談する事で色々アドバイスも貰えるのでおすすめの方法だと言えます。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!