保健師の転職成功の秘訣

※転職サイトランキングを見る!

看護師と比較して保健師は、離職率や転職の機会が少ないといわれています。しかし、新天地を目指したりスキルアップを目指したりして転職する方も増えてきているようです。保健師は働く場所により、市町村の保健センターなどで働く行政保健師、企業で働く産業保健師、養護教諭と呼ばれる学校保健師などに分類できます。行政保健師と産業保健師の転職成功の秘訣とはどのようなことがあるのでしょう。

行政保健師の転職で重要な点は公務員試験をパスしなければならないということで、転職成功の秘訣は何といっても公務員試験をパスすることに全力を注ぐことです。都道府県と政令市で多少の違いはありますが、基本は筆記試験と面接試験で対策はほとんど同じです。ただ、事前に科目などに関してはリサーチしておく必要はあります。

次に筆記試験で合格点数を取ることも必要ですが、面接試験はそれ以上に大切な試験になると考えられます。つまり、筆記試験で成績が良くても面接試験の出来が悪ければ、合格することは難しくなるということです。面接試験パスのポイントは、自分の言葉で相手に対して分かりやすいように伝えるということです。この会話力は行政保健師として勤務する上で大切になることで、面接では重視して確認される事柄です。この点を行政保健師の転職成功の秘訣として理解しておくことが必要です。それから、自分が希望する自治体で募集が実施されていない時は、募集が出るまでの期間他の自治体で働き経験を積むという選択肢もあります。これも行政保健師の転職成功の秘訣と言えます。

産業保健師の転職成功の秘訣は、転職のエリアを小さく絞り込まないということです。それは、産業保健師の場合社内のコネで採用が決まるケースが多くて、一般公開される求人が少ない状態にあるからです。転職成功の秘訣は多くの求人と出会うことなので、広い範囲で求人を探す必要があるのです。ただ、一社で1名とか求人数が少ないことから、企業としても応募の殺到を避けるために、転職エージェントに非公開求人として依頼することが多いのです。その為、求人に出会うためには転職エージェントの利用を検討することも必要になると考えられます。

何とか求人を見つけられたら採用試験の対策をすることになりますが、企業の人事担当ですから小手先のテクニックで合格できることは少ないと考えるべきです。企業側としては使える人材かを徹底してチェックしてくるので、すぐにでも現場で活躍できる能力があることをしっかりとアピールすることです。

保健師の転職ならエージェントの利用がオススメ!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!