正社員の保健師募集情報について

※転職サイトランキングを見る!

保健師として働く方法はいくつかの種類に分ける事が出来ます。企業で保健師として働く方法や、学校や保健センターに勤務する方法があります。保健師に限らずやはり勤務形態は正社員での雇用を望む人が多いのは言うまでもありませんやはり正社員は、パートや契約社員に比べて条件面での優遇や安定が大きな魅力です。毎月の給与の違いもそうですが、企業よっては賞与の有無など年収として考えた時に大きな差が出ます。保健師という職種は女性の割合が多い職種ですが、女性の待遇としてはまだまだ正社員として雇用する会社も多く無いのも現状だと言えます。

保健師として働くには産業保健師、行政保健師、学校保健師とありますが、行政保健師や学校保健師は、公務員や教員としての採用ですのでほとんどの場合正社員言う扱いとなりますが、その分求人も多くありません。それぞれに試験を受けだり、資格を取得する事で応募出来ますが、教員採用試験等は少子化の影響もあり倍率も高い事もあります。行政保健師においても地方公務員試験を受けなければいけませんし、地方によっては倍率の高い地域も多くあります。そしてこれらは定期的な募集になりますので、常時求人情報があるわけではありません。年に1、2度の募集と言う事になりますので、時期を逃すと次の募集時期まで待たなければならない、という側面もあります。

そう言った事でもやはり保健師の中で常時募集が行われているのは産業保健師になるかと思います。産業保健師は企業において労働者の健康管理や、予防活動、健康指導を行います。近年企業における保健師の需要は高まりつつあります。病院や自治体だけではなく、一般企業の保健師募集も多く見られようになって来ました。

ですが産業保健師において正社員での募集に関してはやはりその数は少ないのが現状です。まずは契約社員やパートとして勤務し、そこからある一定の期間勤務する事で正社員としての雇用契約を結ぶケースが多いようです。特に産業保健師の場合ですと、そ勤務するその企業によって条件面は大きく違ってきます。予めしっかりと条件面も確認しておくことが就業してからのトラブルを防ぐ秘訣でもあると思います。

保健師として働く上で、経済的精神的安定を望むのならば正社員での勤務を目指したいところですが、いきなり正社員になるのもまた難しいという側面もあります。多くの求人情報に目を通し、条件の良い求人を見つける事が正社員への近道かと思います。保健師や看護師の専門の求人を扱う転職エージェントに登録すれば、そのような情報が多く手に入れる事が出来ます。転職を考えている人は登録して上手に利用して見て下さい。

正社員の保健師募集をお探しならこの転職エージェント!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!