保健師の退職金相場

※転職サイトランキングを見る!

保健師は、スキルを活かして長い年数勤めることができる仕事のため、常に人気の高い職業となっています。休日の休みもしっかりと取れますし、残業も看護師などと比べてほとんどありません。長期休暇も取りやすいことが多いので、定年まで働き続ける人も少なくありません。それで、平均的な退職金の相場も高い水準を維持しています。もちろん、保健師の勤め先はいろいろなところがありますので、職場によって退職金の額も異なります。

保健師が働く職場として一番多いのは、各自治体の保健センターや役所の衛生課などで、行政保健師として働くというものです。初任給や毎月の基本給は他の職種にくらべると低めの基準となっていますが、ボーナスや昇給の割合が高いという魅力があります。そして、なんといっても退職金が高いというメリットが大きいでしょう。定年まで行政保健師として働き続ければ、課長クラスの役職についていることが多くなります。その場合では、2,000万円から4,000万円ほどの退職金を受け取ることができます。この退職金相場は、他の民間企業における水準よりもかなり高いので、生涯収入に大きなプラスとなります。また、高い退職金相場だけでなく、有利な条件が設定されている公務員向けの年金制度を利用できることが多いので、実質的なメリットはより高くなります。

次に退職金相場が高いのは、企業で働く産業保健師でしょう。企業によってかなり退職金の基準が異なりますので幅がありますが、1,000万円から2,500万円ほどが相場となっています。もちろん、これはどのくらいの勤続年数を数えてきたかということによって異なります。定年まで勤めあげることができれば、2,000万円を超える退職金を期待することができるでしょう。また、大企業の場合であれば、より高い額を受け取れるケースもあり、大きなメリットを受けられます。

学校に勤める保健師の場合は、少し低めの基準となっています。800万円から1,500万円が相場となっています。もちろん、経営規模の大きい学校法人に勤めるケースでは、1,000万円を超える退職金が支給されることもあり、学校による差が大きいという傾向が見られます。このように、行政保健師以外の職場では、企業ごとの退職金の額がかなり異なりますので、あらかじめしっかりとそのあたりの情報収集をしておくことが肝心です。退職金の額によって生涯収入の水準がだいぶ変わりますので、きちんと把握しておいた方が良いでしょう。

保健師転職エージェント人気ランキング!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!