夜勤の保健師募集情報について

※転職サイトランキングを見る!

保健師の仕事は一般的に夜勤は無いというイメージがあります。看護師は主に病棟勤務となりますので夜勤は必須だと考えられますが、保健師の多くは病棟ではなく、自治体の保健センターだったり、一般企業や学校など、直接の医療現場から離れた所での勤務が多い為、夜勤の無い日勤がメインだと考えられています。このようにその活躍の多い保健師ですが、病院にて保健師として勤務する事もあり、その場合は夜勤勤務もあるわけです。

保健師として働く中でも、産業保健師、行政保健師、学校保健師とそのスタイル様々です。これらの場合は企業や自治体の保健センターそして学校等の勤務になりますので、夜勤はありません。保健師は看護師の資格も持っている為、看護師として働く場合はもちろん、病院に保健師として勤務する場合にでも夜勤はあります。病院は24時間体制ですから交代制で月に何度かの夜勤シフトを組む必要性があります。労働基準法では月に夜勤は8度までと決められていますのでその範囲内でのシフトになるかと思います。

一般的に夜勤はその労働時間の不規則さからハードなイメージがあります。そして夜間の時間帯は日勤に比べ保健師や看護師の人数も少ない為、緊急時にはその負担も増える事になり、夜勤はやはり過酷な労働環境だと言えます。その過酷な労働環境から、看護師は離職率が他の職業よりも高いと言われています。

夜勤におけるメリットはその手当です。夜勤には基本給に夜勤手当が付きますので、同じ時間の勤務でも日勤より賃金は高くなります。これが保健師や看護師の給与水準が高い1つの理由でもあります。ハードな労働環境ですのでその分の手当てが付く事で平均よりも良いお給料を貰う事が出来るのです。夜勤という勤務体制はやはり過酷な労働条件ですので、その労働状況の改善は問題視される事も多いですが、夜勤が減る事で保健師や看護師の給料が減る事を考えると単純に減らせば良いという問題もありません。

保健師として働く場合には看護師のようなハード夜勤は少ないと思いますが、夜勤をして高収入を得たい場合には看護師として夜勤専門で働く方法もあります。夜勤専従の求人最近では増えてきていますので、好条件で働きたい方にはぴったりかと思います。夜勤は一般的にはあまり歓迎しな方が多いので好条件の求人も少なくありません。看護師や保健師専門の転職エージェントにはこのような求人も多くありますので、登録して色々探してみる事からはじめてみてはいかがでしょうか。専門のコンサルタントもいますので、自分の条件をしっかり伝える事で、思わぬ好条件の求人と巡り合う事があるかもしれません。

夜勤の保健師募集をお探しならこの転職エージェント!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!