保健師を辞めたいと思った時に・・・

※転職サイトランキングを見る!

人々の病気を予防し、健康促進や健康管理そして健康指導を行うのが保健師の仕事です。一般的に保健師の離職率は低いと言われています。似たような仕事であることから保健師と比較される事が多いのが、看護師です。看護師は離職率が高い事でも知られていますが、保健師に比べ医療に近い現場で働く事での過酷さゆえの離職率の高さとなっています。

今保健師として働いていても、保健師を辞めたい、心の中ではそう考えている人もいるかと思います。保健師はいくつかの種類があり、働く場所も環境も違いますので辞める前に今一度、保健師としての働き方を再確認しておくのも良いかもしれません。

保健師は、地域の保健センターや保健所等で働く行政保健師、企業で労働者の健康管理や保健指導にあたる産業保健師、学校で児童や教員の健康管理や予防活動を計画し実施する学校保健師などに分かれます。それぞれ保健指導や予防活動を行う点では同じですが、働く環境は全く違います。行政保健師は地方公務員としての勤務ですし、学校保健師は養護教員として学校での勤務です。産業保健師は一般企業での勤務ですから、どこでどのように働くかは、同じ保健師でも非常に大きな違いを生む事になります。

保健師で無くとも、一般的に働いていると仕事の上で様々な悩みがあります。人間関係の悩み、給料や休日等の待遇面での悩み、仕事に関するやりがいの悩み、その悩みは人それぞれだと思いますが、それらの悩みが原因で今の仕事に対する不満、環境に対する不満、人間関係の不満などを感じ、最終的には今の仕事を辞めたいと思うようになるのだと思います。

保健師の場合は、先程も述べたように様々な職場にて勤務する事が出来ます。職場の環境を変える事で、今現状抱えている悩みや不満を改善できないかまずは考えて見るのも大事です。保健師と言う資格はこれからの時代その需要は高まって行くのは間違いありません。そう言った意味ではその資格を活かした転職をする事は決して間違った事ではありません。今の職場では自分のやりたい事が見つからない、他にやりたい事がある、などの悩みや思いを抱えているのだとしたらそれはむしろ積極的に転職を考えるべきだとも言えます。

保健師は色々な職場で活躍出来ますので、まずはその可能性を色々と知ることから始めて見るのがいいと思います。看護師や保健師専門の転職エージェントでは登録することで専任のコンサルタントがつきます。何でも相談出来ますし、やはり業界の事は詳しいので転職を考えるなら色々と相談して見るのがいいと思います。

転職して今の悩みを解決!エージェントはあなたの転職をサポート!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!