保健師と養護教諭の違いについて

※転職サイトランキングを見る!

保健師は保健師国家試験に合格し資格を取得する事でなれますが、どこに勤務するかによって保健師の種類もいくつかに分かれます。地域の保健所や保健センターなどで働く行政保健師、企業でその労働者の健康管理や予防業務などを行う産業保健師、学校で児童や教員の健康管理や予防活動などを行う学校保健師等があります。その中でも学校保健師についてですが、一般的に養護教諭と保健師との違いが分からないとの声を聞きます。ではその違いについて詳しく見て行きます。

養護教諭とは、学校内で養護を行う教員の事を言います。一般的には保健室の先生と呼ばれる事が多く、そのような呼び名で知られています。養護教員は通常保健室に常駐し、学校内における児童の病気や怪我に対する応急処置を行ったりします。また、学校内における健康管理も養護教員の仕事ですので、健康診断や水質検査・空気検査、などの環境衛生検査を行ったり、保健衛生に関する知識の普及活動などを計画し実施したりもします。また養護教諭は他の教員と違い、一般的には授業は行いません。基本的には保健室に常駐する形で急な病気や怪我に備えますが、他の教員との協力の元、学校教育や性教育についての授業を行う事はあります。

養護教員は正規教員ですので、養護教員の教員免許を有する必要があります。ただ、保健師の資格を持つ者は、文部科学省令の定める4科目8単位の単位を取得し、各都道府県の教育委員会に申請する事で養護教員2種免許を取得する事が出来ます。

養護教諭と保健師との違いは、教員免許が必要かどうかという点です。養護教諭は教員免許が必要になりますが、保健師には教員免許が必要がありません。文部科学省の定める単位を取得すれば保健師も養護教員の2種免許を取得で切る為、養護教員と保健師との違いが分かりにくいのかもしれません。

養護教諭になる為には、まずその必要な免許を取得し、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。合格する事で採用候補者名簿に登録され、養護教員として働く事が出来るのです。

このように養護教員は学校教員である為、教員免許の取得も必要になります。看護師や保健師としての知識も必要ながら教員としての知識も必要になりますので、相当の勉強が必要と言う事になります。そして少子高齢化が進む現代においては、少子化ゆえに教員採用試験の倍率も高まりつつあります。教員になりたいと言う、教育分野の関心は高まる一方で、その子供の数が減少していることから、教員の募集人数も減少する傾向にあります。

保健師資格を持っていて養護教員を目指すのならたくさんの情報を知り、多くの勉強をする事が重要です。特に教員採用試験も受けなければなりませんが、このような試験の場合自分の回りに経験者がいるケースは少なく、具体的なアドバイスも受けにくい環境にあると思います。転職エージェントなどではコンサルタントもいますので、登録して色々相談してみたりアドバイスを受けるのが良いかもしれません。少子化の時代だからこそこのような分野で仕事をし、社会の役に立つ、という意識は素晴らしいと言えると思います。

保健師の求人をお探しなら転職エージェントをお勧めします!!

ランキング第1位

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


ランキング第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


→2017年保健師転職サイトランキング完全版を見るならコチラ!